LDAPとは?ユーザー情報を効率的に管理するプロトコル解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとLDAP

  • ユーザー情報の集中管理
  • データ交換のプロトコル
  • 企業や組織でよく使われる

LDAPとは、ユーザー情報を集中管理し、データ交換するプロトコルです。

概要説明

LDAPとは、ユーザーやコンピュータの情報を集中管理するプロトコルである。 なぜならば、情報を一元化することで効率的な管理が可能だから。

例えば、パスワードや設定情報を一か所で管理できる。そして、セキュリティも高まる。つまり、情報管理が効率的で安全である。だから、多くの企業や組織で使用される。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、LDAPをよく使用する。なぜなら、ユーザー情報や設定を一元管理する必要があるから。例えば、新しい従業員のアカウント設定。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、LDAPを使う場合がある。なぜなら、ネットワーク上のデバイスを効率的に管理するため。例えば、プリンターの設定。

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者は、LDAPを活用することがある。なぜなら、セキュリティポリシーを一元管理するため。例えば、アクセス権限の設定。

LDAPは、名前の由来は「Lightweight Directory Access Protocol」です。”Lightweight”は「軽量」、”Directory”は「ディレクトリ」、”Access”は「アクセス」、”Protocol”は「プロトコル」を意味します。

LDAPの代表例

OpenLDAP

OpenLDAPは、LDAPで有名である。なぜなら、オープンソースで広く使用されているLDAPの実装の一つだから。例えば、多くのLinuxディストリビューションで採用されている。

Microsoft Active Directory

Microsoft Active Directoryは、LDAPで名高い存在である。なぜなら、Windows環境でよく使用され、LDAPをサポートしているから。例えば、企業の内部ネットワークでよく見かける。

Novell eDirectory

Novell eDirectoryは、LDAPで世間に知られている。なぜなら、多機能でスケーラビリティが高いLDAPディレクトリサービスだから。例えば、大規模なネットワークでも安定して動作する。

手順例

以下は、LDAPサーバーの基本設定の手順です。

ソフトウェアのインストール

最初にLDAPサーバーのソフトウェアをインストールする。なぜなら、これが基盤となるから。例えば、OpenLDAPをインストールする。

設定ファイルの編集

次に設定ファイルを編集する。なぜなら、サーバーの動作を制御するため。例えば、slapd.confを編集する。

サービスの起動

設定が終わったら、サービスを起動する。なぜなら、これで初めてLDAPが動作するから。例えば、systemctl start slapdというコマンドを使う。

テスト

サービスが起動したら、動作テストをする。なぜなら、設定に問題がないか確認するため。例えば、ldapsearchコマンドでテストする。

セキュリティ設定

最後にセキュリティ設定を行う。なぜなら、安全な運用が必要だから。例えば、TLS設定を行う。

類似語

AD(Active Directory)

ADは、LDAPの類似語である。なぜなら、LDAPをベースにしたMicrosoftのディレクトリサービスだから。例えば、Windows環境でよく使用される。

NDS(Novell Directory Services)

NDSは、LDAPの類似語である。なぜなら、Novellが開発したディレクトリサービスで、LDAPと同じような機能を持つから。例えば、Novell NetWareで使用される。

RADIUS(Remote Authentication Dial-In User Service)

RADIUSは、LDAPの類似語である。なぜなら、ユーザー認証や設定情報の集中管理ができるプロトコルだから。例えば、VPNや無線LANで使用される。

反対語

分散管理

分散管理は、LDAPの反対語である。なぜなら、LDAPは情報を集中管理するのに対し、分散管理は各端末で情報を管理するから。例えば、各PCに設定情報が保存される。

ローカル認証

ローカル認証は、LDAPの反対語である。なぜなら、LDAPはネットワーク全体で認証を行うのに対し、ローカル認証は各マシンで行うから。例えば、各PCでパスワードを入力する。

非プロトコル

非プロトコルは、LDAPの反対語である。なぜなら、LDAPはプロトコル(規格)であり、非プロトコルは規格やプロトコルを使わない方法であるから。例えば、手動で設定を行う。

LDAPの注意点

LDAPを使用する時の注意点はセキュリティ設定である。なぜならば不正アクセスを防ぐ必要があるからだ。例えば、TLSをしっかり設定することである。そして、定期的なパッチ適用も必要。だから、セキュリティを怠らないように。

LDAPとRADIUSは、間違えやすいので注意しましょう。

LDAPは、ユーザーやコンピュータの情報を集中管理するプロトコルです。

一方、RADIUSは、ネットワークアクセス認証を行うプロトコルです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました