オプトアウトとは?広告表示の自由選択について

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとオプトアウト

  • ユーザーが情報の除外を選択
  • 情報共有とプライバシーのバランス
  • データのコントロールをユーザーに

オプトイン(Opt Out)= 「選ぶ、選択する」「~の外に、~の外で」

オプトアウトとは、情報の除外をユーザーが選択することです。

オプトアウトとは

オプトアウトとはユーザーが情報の除外を選択する概念である。 なぜならば、プライバシーと情報共有のバランスを保つため。

例えば、メール配信の停止リンクをクリックすることがこれにあたる。 そして、情報を共有するかどうかをユーザーが決めることができる。

つまり、データのコントロール権をユーザーに与える。 だから、ユーザー主導の情報管理とも言える。

使用する職種

デジタルマーケティングマネージャー

デジタルマーケティングマネージャーは、オプトアウトを使用する。なぜなら、顧客のプライバシー設定と準拠するため。例えば、Eメールマーケティングキャンペーンにて。

データアナリスト

データアナリストは、オプトアウトを扱う。なぜなら、分析の対象から除外すべきユーザーデータを特定するため。例えば、個人情報の取り扱いについて。

ユーザー

ユーザーは、オプトアウトを選択する。なぜなら、自身の情報がどのように利用されるかを制御するため。例えば、購読しているメールマガジンの受け取りを停止したい場合。

オプトアウトは、自身の情報がどのように利用されるかを制御したいときに使用します。

有名な企業や製品、サービス

Facebook

Facebookは、オプトアウト機能が利用できるプラットフォームである。なぜなら、ユーザーは自分のデータが広告目的で使用されるのを選択的に拒否できるからだ。例えば「設定」から「広告の設定」に進み、オプトアウトが可能だ。

Amazon

Amazonは、オプトアウト機能を提供している企業である。なぜなら、ユーザーはパーソナライズされた広告の表示を選択的に停止できるからだ。例えば「アカウントとリスト」の「広告設定」からオプトアウトが可能だ。

Edward Snowden

Edward Snowdenは、オプトアウトについて広く語った著名な人物である。なぜなら、彼は個人のプライバシー保護の重要性を世界中に強く訴え、データの収集と使用を選択的に拒否する権利を強調したからだ。例えば彼の公開講演やインタビューにおいてその主張を見ることができる。

大まかな手順

ログイン

アカウントにログインする。なぜなら、オプトアウトは通常、アカウントの設定内から行うためだ。例えばFacebookにログインする。

設定

設定またはプライバシー設定にアクセスする。なぜなら、これらの場所でオプトアウトの選択を行えるからだ。例えばFacebookの「設定とプライバシー」から進む。

停止

オプトアウトしたい特定のサービスや機能を見つける。なぜなら、どの情報の共有を停止したいかによりオプトアウトの場所は異なるからだ。例えば広告設定や、データ共有設定など。

保存

選択を保存または適用する。なぜなら、選択した設定が有効になるためだ。例えば「選択を保存」ボタンをクリックする。

確認

定期的に設定を確認する。なぜなら、新たな機能やサービスが追加された時、デフォルトでオプトインとなっていることがあるからだ。例えば月一で設定の確認をする。

類似語

除外

「除外」は、オプトアウトの類似語である。なぜなら、どちらも特定のシステムやプロセスから自分自身を取り除く行為を表しているからだ。例えばメールリストからの除外、つまりオプトアウト。

拒否

「拒否」は、オプトアウトの類似語である。なぜなら、両者ともに提供される選択肢を受け入れない選択をすることを意味するからだ。例えば広告の受け取りを拒否、すなわちオプトアウト。

脱退

「脱退」は、オプトアウトの類似語である。なぜなら、どちらも自身を特定の集団やシステムから引き離す行為を指すからだ。例えばSNSのグループからの脱退、つまりオプトアウト。

反対語

オプトイン

「オプトイン」は、オプトアウトの反対語である。なぜなら、オプトインは積極的に何かを選択または同意することを意味し、それはオプトアウトの「選択的に拒否する」の意味とは逆であるからだ。例えば、メールリストへの参加はオプトインである。

参加

「参加」は、オプトアウトの反対語である。なぜなら、オプトアウトはある活動やシステムから自己を除外することを意味するのに対し、参加はそれに参加することを意味するからだ。例えば、特別なクーポンを受け取るために広告メーリングリストに参加すること。

同意

「同意」は、オプトアウトの反対語である。なぜなら、オプトアウトは特定のプロセスやデータの共有を選択的に拒否することを意味するのに対し、同意はそれを許可することを意味するからだ。例えば、利用規約への同意はオプトアウトの反対の行動である。

会話の例文

ショッピングサイトでの個人情報の利用設定について

Q.「私の個人情報が広告目的で使われるのを止める方法はありますか?」
A.「はい、その機能は”オプトアウト”と呼ばれ、アカウント設定から変更できます。」

SNSの広告設定について

Q.「毎回関連広告が表示されるのがうっとうしいです、どうにかなりませんか?」
A.「オプトアウト機能を使えば、関連広告の表示を止めることができます。設定画面から変更してみてください。」

メールマガジンの受信設定について

Q.「もうメールマガジンが不要なんですが、どうすればいいですか?」
A.「その場合はメールの下部にある「オプトアウト」や「購読停止」リンクをクリックしてください。」

使用時の注意点

オプトアウトを使用する時の注意点は自分がどの情報をブロックしたいか理解していることである。なぜならばオプトアウトは一概に全ての情報共有を停止するものではなく、種類によっては個別に設定が必要なものもあるからだ。

例えば、広告目的の情報共有と、システム運用のための最低限の情報共有は別々に設定されることが多い。そしてオプトアウトは一度設定すれば終わり、ではなく定期的に設定を確認し直すことが重要だ。

だからオプトアウトは、自身のプライバシー設定を自分自身でコントロールする有効な手段だと言える。

個人的にはオプトアウトしないのをお勧めします。企業側にどう思われているのか、広告を見て自分の属性を確認できるので。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました