サムネイルとは?小さな画像が重要な理由

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 画像を小さくして読み込みを早くする
  • 内容を伝える手段としても使われる
  • SEO対策にもなる

サムネイルとは、内容が伝わる小さいサイズの画像です。

概要説明

サムネイルとは小さな画像である。 なぜなら、元の画像を小さくすることでWebページの読み込みをスムーズにするからだ。

例えば、大量の記事があるブログである。そして、これらの画像はコンテンツの内容に合わせて選ばれる。つまり、サムネイルはユーザーにとって重要な情報を提供する役割も持っている。

だから、サムネイルはWebデザインにおける重要な要素だ。

職業職種

ブロガー

ブロガーは、サムネイルを利用する。なぜなら、ブログの記事を引き立てる手段となるからだ。例えば、記事の内容を象徴する画像をサムネイルとして選ぶ。

Webデザイナー

Webデザイナーは、サムネイルを作成する。なぜなら、サイトの読み込み速度を上げ、SEO対策にも寄与するからだ。例えば、Webページのデザインに合ったサムネイルを作る。

SNSユーザー

SNSユーザーは、サムネイルを設定する。なぜなら、プロフィール画像や投稿のイメージとして使用できるからだ。例えば、自身のプロフィール写真をサムネイルとして設定する。

サムネイルは、名前の由来は親指(thumb)の爪(nail)から来ています。親指くらいに小さくという意味です。

代表例

YouTube

YouTubeは、サムネイル画像の活用で一番に挙がる企業だ。なぜなら、投稿された動画のサムネイル画像がユーザーのクリックを誘うからだ。例えば、各チャンネルの動画サムネイルにはクリエイティブな要素が盛り込まれ、視覚的に魅力を伝えている。

Instagram

Instagramは、SNSの中でも特にサムネイル画像が大切な場所だ。なぜなら、プロフィールページに表示される投稿画像が全てサムネイルとして機能し、人々がそのページを訪れる理由になるからだ。例えば、ビジュアルが重要な料理店や芸術家は、一目でわかる魅力的なサムネイルでフォロワーを増やしている。

Amazon

Amazonは、サムネイルの重要性を理解している企業だ。なぜなら、商品一覧のサムネイル画像が購買意欲を掻き立て、売り上げに直結するからだ。例えば、商品のサムネイルは、その商品の魅力を最大限に引き立てるように撮影・選定されている。

手順例

サムネイル画像作成の手順です。

画像選定

画像選定は、サムネイル作成の最初のステップだ。なぜなら、見る人が興味を持つかどうかはこの選定による。例えば、商品やサービスの魅力を最大限に引き立てる画像を選ぶ。

サイズ調整

サイズ調整は、サムネイル画像を作るために必要なステップだ。なぜなら、大きすぎると読み込みに時間がかかり、小さすぎると見づらくなる。例えば、一般的には、横幅250px・縦幅250pxが目安となる。

圧縮

圧縮は、サムネイル画像をネットで使うための重要なステップだ。なぜなら、データが重すぎると読み込みに時間がかかる。例えば、JPEG形式で保存し、品質を70%ほどに設定する。

テスト

テストは、サムネイル画像が適切に表示されるかを確認するステップだ。なぜなら、作ったものがちゃんと表示されないと意味がない。例えば、自分のPCだけでなく、スマホで見たときの大きさや見え方も確認する。

投稿・公開

投稿・公開は、最後のステップだ。なぜなら、ここでようやく人々の目に触れる。例えば、SNSやWebサイトにアップロードして公開する。

類似語

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は、サムネイルの類似語と言える。なぜなら、ブログ記事などで見出し部分に配置され、その記事の内容を視覚的に伝える役割があるからだ。例えば、記事の要点やテーマを表す画像をアイキャッチとして用いる。

プレビュー画像

プレビュー画像もサムネイルと同じような役割を果たす。なぜなら、画像や動画の一部を小さく表示し、全体の内容を予測させる機能があるからだ。例えば、動画サイトで動画の一部を静止画として表示し、動画の内容を予想させる。

アバター画像

アバター画像は、SNSのプロフィール写真として使われる小さな画像だ。なぜなら、その人の特徴や個性を表す一種のサムネイルだからだ。例えば、自分の顔写真や好きなキャラクターの画像をアバターとして設定する。

反対語

サムネイルの反対語は”フルサイズ”だ。なぜなら、サムネイルは画像の小さなバージョンで、フルサイズは画像の最大バージョンだからだ。例えば、SNSのプロフィール写真で使われるのがサムネイルで、フルサイズ画像は個別の投稿でよく見る。

会話例

  1.  友達とWebサイトのデザインについて話している場面
    Q.「このサイトのデザインどう思う?」
    A.「うーん、サムネイルがもう少し大きい方が良いと思う。コンテンツが一目で分かりやすくなるよ。」

注意点

サムネイルを作る時の注意点は解像度だ。なぜならば、解像度を落としすぎると画像がぼやけて見えるからだ。例えば、商品の画像をぼやけさせてしまうと、詳細が見えなくなる。そして、視覚的な魅力が失われる。だから、適切な解像度で作ることが大切だ。

サムネイルとアイコンは、間違えやすいので注意しましょう。サムネイルは内容の予告版で、アイコンは特定のアプリケーションや機能を示すシンボルです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました