Google広告で電話番号タップを計測:具体的な手順を完全なガイド

LPにある電話番号のタップはGoogle広告では測定できません。

そのためコンバージョン測定するには、GoogleTagManager(以下GTM)の設定が必要になります。

設定の手順

  1. Google広告:キャンペーン作成

  2. Google広告:コンバージョン作成

  3. Googleタグマネージャー:タグ作成

  4. Googleタグマネージャー:トリガー作成

  5. Googleタグマネージャー:コード設置

  6. Googleタグマネージャー:テスト

今回はGoogle広告の作成部分は省略します。

GTMタグ設定

GTMでタグを新規作成し、タグタイプを選択で、Google広告のコンバージョントラッキングを選択。

コンバージョンIDとコンバージョンラベルを入力する。

コンバージョンIDとコンバージョンラベルは、Google広告のコンバージョンから確認。

測定するコンバージョン アクションをクリックする。

タグを設定するから「Google タグ マネージャーを使用する」をクリック。

コンバージョンIDとコンバージョンラベルが表示されるので、GTMにそれぞれコピペする。

保存をして、GTMタグの選定は完了です。

GTMトリガー設定

GTMでトリガーを新規作成し、トリガーのタイプを選択で、クリック項目の「リンクのみ」を選択する。

トリガーの設定でm一部のリンククリックを選択し、Page Hostnameを変更する。

組み込み変数の選択で、Click URLを選択、ない場合は追加する。次に、例)tel:000‐0000‐0000と電話番号を入力する。

LPに<a href="tel:000‐0000‐0000">電話で問い合わせ</a>と記載されていれば、タップで測定される。

GTMタグ、トリガーの設定後、必ず公開をする。

設定後の公開をしてない場合わりとあります。公開しないとGTMは発火しません。

GTM設定後はGoogle広告に出稿するLPのURLに、GTM測定タグを設定してください。

Google広告の測定タグではなくGTMです。

Google広告テスト

GTMの設定後、Google広告の管理画面、ツールと設定>コンバージョンに移動する。

コンバージョン ページで測定するコンバージョン アクションのトラブルシューティングをクリック。

コンバージョン アクションをテストする。

テストするURLを入力する。

テスト成功。

テストに成功するとステータスが無効から、「最近のコンバージョンはありません」に変わる。この後、広告でコンバージョンが発生すると有効に変わる。

以上でLPにある電話番号タップのコンバージョン測定の設定は完了です。

LPに電話番号を載せるの重要性

ランディングページ(LP)は、特定の行動を起こさせるためにデザインされたWebページであり、その行動は通常、製品またはサービスの購入、問い合わせ、ダウンロードなど、ビジネスの目標に直結します。その一環として、電話番号の表示は多くのビジネスで重要な役割を果たしています。特に電話番号をタップするユーザーは重要です。

電話番号をランディングページに表示することには、以下のような利点があります。

  • 信頼性の向上:ビジネスが電話での連絡を受け付けていることは、ビジネスの信頼性とプロフェッショナリズムを示します。

  • 顧客満足度の向上:顧客は直接会話を通じて問い合わせを解決できるため、満足度が向上します。

  • コンバージョン率の向上:電話を通じた直接のコミュニケーションは、しばしばより高いコンバージョン率をもたらします。

電話番号をタップするユーザーの重要性

電話番号をタップするユーザーは、一般的に高い意図を持った顧客であり、彼らは購入、問い合わせ、またはサービスについての詳細を知りたいと考えています。これらのユーザーは、ビジネスにとって非常に価値のあるリードであり、そのために特別な注意を払うことが重要です。

すべてのビジネスにおいて電話番号を設置する必要があるわけではありません。しかし、以下のような業種や状況では特に有効です。

  1. サービス業:カスタマーサービスが重要な業界では、電話番号はお客様が問い合わせを行いやすくします。

  2. 高額商品販売:製品の価格が高い場合、顧客は購入前に問い合わせを行いたいと感じることが多いです。

  3. 複雑な製品/サービス:製品やサービスが複雑で、顧客がサポートや説明を必要とする場合。

  4. B2B業界:B2B業界では、顧客は通常、よりパーソナライズされたサービスを求め、これは電話によるコミュニケーションを通じて提供されることが多いです。

結論として、ランディングページに電話番号を表示することは、多くのビジネスにとって有益です。特に上記のような業種や状況では、顧客との直接的なコミュニケーションを通じてコンバージョンを促進し、ビジネスの成長を支えることが可能です。

YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
GTM
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました