バーストトラフィックとは?短期の大量データ流れを検証

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとバーストトラフィックとは

  • 大量データが短期間で流れる
  • 新年や災害時によく発生
  • 通信速度低下の原因となる

バーストトラフィックとは、大量のデータが一気に流れる現象です。

概要説明

バーストトラフィックとは瞬間的に大量のデータがネットワークに流れる現象である。 なぜならば、新年のメッセージや災害時の連絡など、特定の出来事が発生したときに一斉に通信が行われるからだ。

例えば新年の0時直後のメッセージである。そして、この現象により通信処理速度が低下する。つまり、ネットワークの過負荷となる。だから、適切な監視と対応が必要である。

職業職種

通信エンジニア

通信エンジニアは、バーストトラフィックの原因究明を行う。なぜなら、通信の品質や速度の低下を防ぐため。例えば、災害時の通信障害対応。

サーバー管理者

サーバー管理者は、サーバーの安定運用を保つためにバーストトラフィックに対応する。なぜなら、大量のデータが流れるとサーバがダウンする可能性があるから。例えば、大規模なイベント時のサイトアクセス対応。

災害対策担当者

災害対策担当者は、災害発生時の緊急通信を確保するためにバーストトラフィックの影響を知る。なぜなら、通信手段が重要な災害対策の一つだから。例えば、地震直後の避難情報の伝達。

バーストトラフィックは、名前の由来は「Burst(突然の)」と「Traffic(通信・流量)」の組み合わせからです。

手順例

以下は、バーストトラフィック対策の手順です。

トラフィック監視

トラフィック監視は、通信量をリアルタイムでチェックすることである。なぜなら、異常な増加をすぐに発見できるから。例えば、特定の時間に突然のデータ増加。

予測ツールの利用

予測ツールの利用は、将来の通信量を推測することである。なぜなら、事前に準備ができるから。例えば、年末年始や大きなイベント前の通信予測。

帯域の調整

帯域の調整は、通信の最大量を変更することである。なぜなら、必要に応じてデータの流れをスムーズにするから。例えば、セール時のウェブサイトへのアクセス対応。

クラウドサービスの活用

クラウドサービスの活用は、外部のサーバーでデータを扱うことである。なぜなら、自社のサーバーに過度な負荷をかけないようにするから。例えば、大量の動画配信時のストリーミング対応。

緊急時の連絡網確立

緊急時の連絡網確立は、トラブル時に迅速に対応するための連絡体制を作ることである。なぜなら、すぐに原因を特定して対応できるから。例えば、サーバーダウン時の技術者への即時連絡。

類似語

データフラッシュ

データフラッシュは、瞬間的に大量のデータが送られる現象である。なぜなら、一時的な高い通信需要があるときに起こるから。例えば、大規模なライブイベント中のインターネットアクセス。

通信スパイク

通信スパイクは、短期間にネットワークの使用率が急増することである。なぜなら、特定の時間帯やイベントで多くの人々が同時に通信するから。例えば、スポーツの試合終了直後のSNSの投稿。

トラフィックピーク

トラフィックピークは、ある期間の中で最も通信量が多い時期や瞬間を指す。なぜなら、通常よりも多くのデータや情報がネットワークを通過するから。例えば、大晦日のカウントダウン時のメッセージ送信。

反対語

定常トラフィック

定常トラフィックは、安定している通信量である。なぜなら、短期間や瞬間的な大量のデータの増加がないから。例えば、日常のウェブ閲覧やメールの送受信。

低トラフィック

低トラフィックは、少ない通信量である。なぜなら、大量のデータが流れることが少ないから。例えば、深夜のインターネット利用時間。

平穏トラフィック

平穏トラフィックは、突発的な変動がない通信量である。なぜなら、通常の運用状態を保っているから。例えば、休日のオフィスのネットワーク利用。

バーストトラフィックの注意点

バーストトラフィックを行う時の注意点は監視体制の確立である。なぜならば、突然の大量データに対応するためだからだ。

例えば、大きなイベント後のアクセス増である。そして、事前の予測や準備が必要。だから事前に対策を練りましょう。

バーストトラフィックとピークトラフィックは、間違えやすいので注意しましょう。

バーストトラフィックは、瞬間的な大量のデータの増加です。

一方、ピークトラフィックは、一定期間にわたる高い通信量です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました