ニアショア開発の基礎知識:初心者でもわかるガイド

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとニアショア開発

  • 地方業者との開発
  • コスト削減が可能
  • 国内でのコミュニケーション

ニアショア開発とは、地方業者に一部開発を委託することです。

概要説明

ニアショア開発とは地方の業者と協力してシステム開発を行うことである。なぜならば、コスト削減と効率的な開発が可能だから。例えば、東京よりも地方の業者の人件費が安い場合が多い。そして、言語や文化の壁が少ない。つまり、スムーズなコミュニケーションが可能である。だから、多くの企業が採用している。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、コストと時間を効率よく使いたい場合にニアショア開発を選ぶ。なぜなら、地方業者はよくコストパフォーマンスが高いから。例えば、予算内で質の高い成果を出す。

システムエンジニア

システムエンジニアは、専門的なスキルが必要な場合でもニアショア開発を利用する。なぜなら、地方にも優秀なエンジニアがいるから。例えば、特定のプログラミング言語に精通している業者を選ぶ。

経営者

経営者は、企業全体の効率化を図るためにニアショア開発を採用する。なぜなら、コスト削減と品質維持が両立可能だから。例えば、他の業務にリソースを振り分けられる。

ニアショア開発は、名前の由来は”Nearshore”(近くの海岸)から来ています。これは、海外ではなく「近く」、つまり国内の地方業者と協力するという意味を持つからです。

ニアショア開発の代表例

富士通

富士通は、ニアショア開発で有名である。なぜなら、地方の業者と積極的に協力しているから。例えば、九州や北海道の業者との連携がある。

NTTデータ

NTTデータは、ニアショア開発で名高い存在である。なぜなら、高品質なサービスを地方業者と共同で提供しているから。例えば、地方都市でのIT人材育成にも力を入れている。

サイボウズ

サイボウズは、ニアショア開発で世間に知られている。なぜなら、柔軟な働き方を推進しながら地方業者と協力しているから。例えば、リモートワークを活用した開発プロジェクトが多い。

手順例

以下は、ニアショア開発の基本手順です。

業者選定

業者選定は、最初のステップである。なぜなら、成功の鍵は良いパートナーにあるから。例えば、過去の実績や評判をチェックする。

契約締結

契約締結は、次に重要である。なぜなら、予算や納期、品質が明確になるから。例えば、NDA(秘密保持契約)も忘れずに。

プロジェクト計画

プロジェクト計画は、全体の流れを作る。なぜなら、何をいつまでにするのか明確にするから。例えば、ガントチャートを作成する。

開発開始

開発開始は、計画通りに進める。なぜなら、遅れが出るとコストも増えるから。例えば、進捗報告を定期的に行う。

テストとフィードバック

テストとフィードバックは、品質を確保する。なぜなら、ユーザーのニーズに合ったものを作るため。例えば、ベータ版をリリースして意見を集める。

類似語

オフショア開発

オフショア開発は、ニアショア開発の類似語である。なぜなら、開発作業を外部の業者に委託する点が共通だから。例えば、オフショアは海外業者との協力が多い。

アウトソーシング

アウトソーシングは、ニアショア開発の類似語である。なぜなら、業務を外部に委託するという基本的な考え方が同じだから。例えば、ITだけでなく、人事や経理も対象になる。

リモートワーク

リモートワークは、ニアショア開発の類似語である。なぜなら、地理的な制約を乗り越えて作業をする点で似ているから。例えば、家やカフェからでも作業が可能。

反対語

インハウス開発

インハウス開発は、ニアショア開発の反対語である。なぜなら、開発作業を外部に委託せず、自社内で完結するから。例えば、自社のエンジニアが全ての作業を行う。

オフショア開発

オフショア開発は、ニアショア開発の反対語でもある。なぜなら、国内の地方業者ではなく、海外の業者に開発を委託するから。例えば、インドやフィリピンの企業と協力する。

自前主義

自前主義は、ニアショア開発の反対語である。なぜなら、外部に頼らず、自社で全てを賄う考え方だから。例えば、自社で人材を育成し、自社でシステムを開発する。

ニアショア開発の注意点

ニアショア開発を使用する時の注意点はコミュニケーションである。なぜならば、地方の業者との距離があるからだ。例えば、定期的な進捗報告やオンラインミーティングが必要である。そして、文化や働き方の違いも理解する必要がある。だから、しっかりとしたコミュニケーションが必要。

ニアショア開発とオフショア開発は、間違えやすいので注意しましょう。

ニアショア開発は、国内の地方業者と協力することです。

一方、オフショア開発は、海外の業者と協力することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました