サーバー・プロビジョニングとは?ネットワーク設定の重要性を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ネットワークを使うための設定
  • OSや他のソフトウェアのインストール
  • 特定の顧客にサーバーを割り当てること

サーバー・プロビジョニングとは、ネットワーク設定から顧客への割り当てまで全体的な準備です。

概要説明

サーバー・プロビジョニングとはネットワークを使う準備である。なぜなら、この過程でサーバーは適切に設定される。

例えば、OSのインストールやソフトウェアの調整が行われる。そして、準備されたサーバーは特定の顧客に割り当てられる。つまり、全体的なネットワーク操作の準備を行う。

だから、ネットワークの利用をスムーズにするためにはサーバー・プロビジョニングが必要なのだ。

職業職種

システム管理者

サーバー・プロビジョニングは、彼らの日常業務である。なぜなら、彼らはネットワークの準備と管理を行うからだ。例えば、新しいシステムのセットアップや、既存のシステムの更新といった作業。

ITエンジニア

サーバー・プロビジョニングは、ITインフラを整備する重要な工程である。なぜなら、彼らが構築するシステムやアプリケーションは、適切に設定されたサーバー上で動作するからだ。例えば、アプリケーションのデプロイメントなど。

データセンター運営者

サーバー・プロビジョニングは、サービスを提供するために必要な手続きである。なぜなら、顧客の要求に応じてサーバーを提供するからだ。例えば、クラウドサービスの提供など。

サーバー・プロビジョニングの名前の由来は、英語の “provision”(供給、提供)から来ています。

代表例

アマゾンウェブサービス(AWS)

AWSは、世界的なクラウドサービスの提供者だ。なぜなら、数多くのユーザーがAWSを使ってサーバーを設定し、自分のビジネスやプロジェクトを運営しているからだ。例えば、Netflixといった大手企業もAWSを利用している。

テラフォーム

テラフォームは、HashiCorpが開発したオープンソースのサーバー・プロビジョニングツールだ。なぜなら、一度の設定で複数のクラウドプラットフォーム上に環境を構築できるからだ。例えば、AWSだけでなく、Google CloudやMicrosoft Azureなどにも対応している。

マーシン・ミコス

マーシン・ミコスは、MySQL ABの元CEOであり、現在はHackerOneのCEOだ。なぜなら、彼はオープンソースソフトウェアの普及に大いに貢献してきたからだ。例えば、彼のリーダーシップの下、MySQLは世界中で広く使われるデータベースになった。

手順例

  1. 目標の設定
    最初に、何を達成したいのか明確にする。なぜなら、それが全ての設定や調整の基準となるからだ。例えば、Webサイトをホストする、新しいアプリケーションをテストする、など。

  2. サーバーの選択
    次に、目標に最適なサーバーを選ぶ。なぜなら、全てのサーバーが同じ性能や機能を持っているわけではないからだ。例えば、高トラフィックのサイトなら強力なサーバー、短期のプロジェクトなら安価なサーバーを選べる。

  3. ソフトウェアのインストール
    必要なオペレーティングシステムやアプリケーションをインストールする。なぜなら、これらはサーバーの機能を引き出す基礎となるからだ。例えば、WebサイトならApacheやNginxなどのWebサーバーソフトウェアをインストールする。

  4. 設定と調整
    インストールしたソフトウェアの設定や調整を行う。なぜなら、これによりサーバーが正しく機能するようになるからだ。例えば、セキュリティ設定を強化したり、パフォーマンスを最適化したりする。

  5. テストとデバッグ
    最後に、全てが正しく機能するかを確認するテストと問題を解決するデバッグを行う。なぜなら、初めて設定する場合、何かしらの問題が起きる可能性があるからだ。例えば、ページが正しく表示されない、レスポンスが遅い、などの問題を解決する。

類似語

構成管理

構成管理は、システムやアプリケーションの設定を管理することだ。なぜなら、これもサーバーをセットアップする過程の一部であり、サーバー・プロビジョニングと密接に関連しているからだ。例えば、PuppetやChefなどのツールが使われる。

デプロイメント

デプロイメントは、新しいソフトウェアやアップデートをシステムに導入する行為だ。なぜなら、これも新たな設定を適用するための方法であり、サーバー・プロビジョニングの一環と言えるからだ。例えば、新バージョンのアプリケーションをサーバーにデプロイする。

インフラストラクチャー・アズ・コード(IaC)

IaCは、サーバーやネットワークの設定をコードとして書く手法だ。なぜなら、これにより設定の再現性が高まり、人的ミスを減らせるからだ。例えば、TerraformやCloudFormationなどのツールが使われる。

反対語

手動設定

手動設定は、全てを自分で一から設定することだ。なぜなら、自動化(プロビジョニング)とは違い、すべての操作を手で行うからだ。例えば、新しいPCをセットアップする時、全て自分でインストール・設定する場面だ。

デプロビジョニング

デプロビジョニングは、使用していたリソースを削除または無効化することだ。なぜなら、プロビジョニングがリソースを準備・設定する行為であるのに対し、デプロビジョニングはその逆行為だからだ。例えば、プロジェクトが終わった後のサーバーの停止・削除などがこれに当たる。

会話例

  1. IT部門のミーティング
    Q.「新たなプロジェクトに向けてサーバー設定はどうするんだ?」
    A.「プロビジョニングツールを使って自動化していくよ。作業時間の削減とミスの防止になるからね。」

  2. 授業の中で
    Q.「先生、サーバー・プロビジョニングって何ですか?」
    A.「それはね、ネットワークやコンピュータの設定を自動化することだよ。例えば、新しくサーバーを立ち上げる時、設定作業を自動で行うんだよ。」

注意点

プロビジョニングをする時の注意点は適切な設定だ。なぜならば設定ミスがあるとシステム全体の動作に影響を及ぼす可能性があるからだ。

例えば、ネットワーク設定の間違いはシステム全体の通信に問題を引き起こす。そして設定はチーム全員で共有し、バージョン管理することが重要だ。だから設定は慎重に、そして共有して行うこと。

サーバー・プロビジョニングとデプロイメントは、間違えやすいので注意しましょう。サーバー・プロビジョニングは新たなサーバー設定やシステムの準備のことで、デプロイメントは既存のシステムに新しいアプリケーションや更新を適用する行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました