ネームサーバーとは?ドメイン名とIPアドレスをつなぐ役割

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとネームサーバー

  • ドメイン名とIPアドレスを繋ぐ
  • インターネットの住所帳
  • ウェブサイトの名前を解決

ネームサーバーとは、インターネットの住所帳です。

概要説明

ネームサーバーとはインターネットの住所帳である。 なぜならば、ドメイン名(例:google.com)とIPアドレス(例:192.0.2.1)をマッチさせる役割があるからだ。例えば、ブラウザでウェブサイトにアクセスするとき。そして、これがないとウェブサイトに辿り着けない。つまり、インターネットのナビゲーターである。だから、非常に重要なシステムである。

職業職種

ウェブ開発者

ウェブ開発者は、ネームサーバーの設定を行うことが多い。なぜなら、ウェブサイトを公開する際に必要だから。例えば、新しいドメイン名を設定するとき。

システム管理者

システム管理者は、ネームサーバーを維持・管理する。なぜなら、企業内のネットワークで必要だから。例えば、社内のドメイン名とIPアドレスの管理。

一般ユーザー

一般ユーザーは、ネームサーバーを間接的に使用する。なぜなら、インターネットを使う際に裏側で働いているから。例えば、ウェブサイトにアクセスするとき。

ネームサーバーは、名前の由来は”Name”と”Server”を組み合わせたものです。”Name”は名前、”Server”はサーバー、つまり「名前を提供するサーバー」という意味になります。

ネームサーバーの代表例

IIJ(インターネットイニシアティブジャパン)

IIJは、ネームサーバーで有名である。なぜなら、日本で初めてのインターネット接続サービスを提供した企業で、ネームサーバーのインフラも手がけているから。例えば、企業向けのDNSサービス。

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズは、ネームサーバーで名高い存在である。なぜなら、多くの企業や個人にインターネット接続サービスを提供しており、その中でネームサーバーも管理しているから。例えば、OCNやSo-net。

さくらインターネット

さくらインターネットは、ネームサーバーで世間に知られている。なぜなら、手頃な価格で高品質なネームサーバーを提供しているから。例えば、さくらのDNS。

手順例

以下は、ネームサーバーの設定手順です。

ドメイン名を購入

ドメイン名を購入する。なぜなら、ネームサーバーはドメイン名とIPアドレスを繋ぐから。例えば、.comや.jpなど。

ネームサーバーを選ぶ

ネームサーバーを選ぶ。なぜなら、信頼性や速度が異なるから。例えば、無料のものや有料のもの。

設定を行う

設定を行う。なぜなら、ドメイン名とIPアドレスを正確に繋げる必要があるから。例えば、AレコードやCNAMEレコードの設定。

設定を保存

設定を保存する。なぜなら、変更した設定を適用する必要があるから。例えば、保存ボタンをクリック。

動作確認

動作確認をする。なぜなら、設定が正しく適用されたか確認する必要があるから。例えば、ブラウザでウェブサイトにアクセス。

類似語

DNS(Domain Name System)

DNSは、ネームサーバーの類似語である。なぜなら、ネームサーバーが実際に動作するシステムを指すから。例えば、DNSサーバー。

IPアドレス

IPアドレスは、ネームサーバーの類似語である。なぜなら、ネームサーバーがドメイン名と繋げる対象だから。例えば、192.0.2.1。

ドメインレジストラ

ドメインレジストラは、ネームサーバーの類似語である。なぜなら、ドメイン名を管理し、ネームサーバーに設定を行う場所だから。例えば、GoDaddyやムームードメイン。

反対語

直接IPアドレス入力

直接IPアドレス入力は、ネームサーバーの反対語である。なぜなら、ネームサーバーがドメイン名をIPアドレスに変換するのに対し、これは変換なしで直接IPアドレスを使うから。例えば、192.0.2.1をブラウザに入力。

オフライン

オフラインは、ネームサーバーの反対語である。なぜなら、ネームサーバーはオンラインで動作するが、オフラインでは必要ないから。例えば、インターネットに接続していない状態。

ハードコード

ハードコードは、ネームサーバーの反対語である。なぜなら、IPアドレスをプログラム内に直接書き込む方法で、動的な変換が不要だから。例えば、プログラムのソースコード内にIPアドレスを直接書く。

ネームサーバーの注意点

ネームサーバーを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば、攻撃者によるDNSスプーフィングなどのリスクがあるからだ。例えば、偽のネームサーバーに接続される可能性がある。そして、常に最新のセキュリティ対策を施す。だから、信頼性の高いプロバイダを選ぶ。

ネームサーバーとDNSは、間違えやすいので注意しましょう。

ネームサーバーは、ドメイン名とIPアドレスを繋ぐサーバです。

一方、DNSは、そのようなサーバーが使うシステム全体を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました