SMARTの法則とは?効果的な目標設定の5つの要素

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとSMARTの法則

  • 目標達成のための5つの要素
  • 具体的な計画と評価ができる
  • 期限を設定して実行する

SMARTの法則とは、5つの要素を具体的にする目標設定のフレームワークです。

概要説明

SMARTの法則とは目標達成のためのフレームワークである。なぜならば、具体的な目標設定とその達成のための計画を明確にするからだ。例えば、売上を20%増やすという目標設定である。そして、それを計量して評価する。つまり、計画と評価が一体となる。だから、効果的な行動ができる。

SMART5つの要素

Specific(具体性)

この要素は、目標が明確で具体的であることを意味する。たとえば、「もっとお金を稼ぐ」ではなく、「月に10万円の副収入を得る」といった具体的な目標が必要。これにより、何をどう達成するのかが明確になる。

Measurable(計量性)

目標は数値や基準で測れるように設定する。これがあると、目標に対する進捗が一目でわかり、必要な調整もしやすくなる。例えば、「よくする」ではなく、「テストの点数を前回より20点上げる」といった形。

Assignable(割当設定)

この要素は、誰がその目標を達成するのかを設定する。特にチームでのプロジェクトでは、責任者や担当者の役割分担、の責任の所在を明確にする。

Realistic(現実的)

目標は現実的で達成可能なものでなければならない。例えば、一夜で数学が得意になるという目標は現実的ではない。達成可能な範囲で、それでも挑戦的な目標を設定する。

Time-related(期限)

目標には期限を設定する。期限があることで、目標に対する緊急性が生まれ、計画的に行動するきっかけになる。例えば、「一年以内に英検2級を取る」といった具体的な期限を設定する。

これらの要素を組み合わせて目標設定を行うことで、SMARTな目標が設定でき、その達成もしやすくなります。

職業職種

プロジェクトマネージャー

SMARTの法則は、プロジェクトの目標設定で使う。なぜなら、明確な目標と期限が必要だから。例えば、新製品の開発計画。

営業担当者

SMARTの法則は、営業目標を設定する際に使う。なぜなら、具体的な数字と期限を設定することで、効率的に働けるから。例えば、月間売上目標。

学生

SMARTの法則は、試験勉強や部活動で使う。なぜなら、計画を立てて実行することで、成績やスキルが向上するから。例えば、試験の点数目標。

SMARTの法則の名前の由来は、目標達成のための5つの成功因子「Specific(具体性)」「Measurable(計量性)」「Assignable(割当設定)」「Realistic(現実的)」「Time-related(期限)」の頭文字を取ったものです。

SMARTの法則の代表例

トヨタ

トヨタは、SMARTの法則で有名である。なぜなら、目標設定とプロジェクト管理にこの法則を活用しているから。例えば、新しい車の開発プロジェクトでSMARTの法則に基づいた目標設定を行っている。

ソニー

ソニーは、SMARTの法則で名高い存在である。なぜなら、製品開発やマーケティング戦略にこの法則を取り入れているから。例えば、PlayStationの販売戦略でSMARTの法則を用いて成功を収めている。

楽天

楽天は、SMARTの法則で世間に知られている。なぜなら、社内の各部門で目標設定にこの法則を使っているから。例えば、楽天市場の売上目標設定にSMARTの法則を活用している。

手順例

以下は、SMARTの法則を活用する5ステップです。

目標を明確にする

具体的な目標を設定する。なぜなら、曖昧な目標は達成が難しいから。例えば、「体重を5kg減らす」。

計量性を確保する

目標を数値で表す。なぜなら、進捗が一目でわかるから。例えば、「1ヶ月で読書を3冊する」。

責任者を決める

誰が目標を達成するのかを明確にする。なぜなら、責任が明確でないと進まないから。例えば、「プロジェクトリーダーが報告をまとめる」。

現実的な目標を設定する

達成可能な範囲で目標を設定する。なぜなら、無理な目標は達成できないから。例えば、「週に2回ジムに行く」。

期限を決める

目標には期限を設定する。なぜなら、期限がないと先延ばしになるから。例えば、「3ヶ月後に英検3級を取る」。

類似語

OKR(Objectives and Key Results)

OKRは、SMARTの法則の類似語である。なぜなら、両方とも目標設定に使われるフレームワークだから。例えば、GoogleやTwitterがOKRを使用している。

KPI(Key Performance Indicator)

KPIは、SMARTの法則の類似語である。なぜなら、目標達成のための指標を設定する点で似ているから。例えば、企業が売上や利益をKPIとして設定する。

PDCAサイクル

PDCAサイクルは、SMARTの法則の類似語である。なぜなら、目標設定後の進捗を確認し、調整するプロセスが含まれるから。例えば、製造業でよく使われる。

反対語

曖昧

曖昧は、SMARTの法則の反対語である。なぜなら、SMARTは具体的な目標を求めるが、曖昧ははっきりしないから。例えば、「何かいいことがあればいいな」。

不計量

不計量は、SMARTの法則の反対語である。なぜなら、SMARTは目標を数値で示すが、不計量は数値で示さないから。例えば、「もっと頑張る」。

無期限

無期限は、SMARTの法則の反対語である。なぜなら、SMARTは期限を設定するが、無期限は期限がないから。例えば、「いつかはやる」。

SMARTの法則の注意点

SMARTの法則を使用する時の注意点は過度な最適化である。なぜならば、あまりにも細かく設定すると、柔軟性が失われるからだ。例えば、突発的な問題に対応できなくなる。そして、チームのモチベーションも下がる可能性がある。だから、バランスが大事。

SMARTの法則とOKRは、間違えやすいので注意しましょう。

SMARTの法則は、個々の目標設定に使います。

一方、OKRは、組織全体の目標と個々の目標をつなげる手法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました