モバイルファーストとは?スマホを最優先にしたUI/UX

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとモバイルファーストとは

  • スマホでの操作を最優先に設計
  • ユーザー体験を高める
  • SEO対策にも効果的

モバイルファーストとは、スマホ最優先のUIUX

概要説明

モバイルファーストとは、スマホやタブレットでの操作を最優先に設計する手法である。なぜならば、多くの人がスマホを使ってWebを閲覧するからだ。

例えば、通勤中や待ち時間にスマホで情報を探す人が多い。そして、使いやすいサイトは再訪率が高くなる。

つまり、ユーザー体験を高めるためには必須である。だから、SEO対策にも効果的。

職業職種

Webデザイナー

Webデザイナーは、モバイルファーストをよく使用する。なぜなら、スマホでの操作性を高める設計が求められるから。例えば、レスポンシブデザインの作成。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、モバイルファーストを考慮する。なぜなら、ユーザー体験が良いとSEOにも貢献するから。例えば、サイトのランキング向上。

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーは、モバイルファーストを採用する。なぜなら、ユーザーが多くの時間をスマホで過ごすから。例えば、アプリの開発。

モバイルファーストは、名前の由来は「Mobile」(モバイル=携帯可能な)と「First」(ファースト=最初に)の組み合わせです。つまり、モバイルデバイスでの使用を最初に考えるという意味が込められています。

モバイルファーストの代表例

Spotify

Spotifyは、モバイルファーストで有名である。なぜなら、スマホアプリの使い勝手が非常に良く、多くの機能がモバイルでも利用できるから。例えば、オフラインでの音楽再生。

LINE

LINEは、モバイルファーストで名高い存在である。なぜなら、最初からスマホ用のメッセージアプリとして開発され、その後PC版などが追加されたから。例えば、スマホでのステッカー送信やビデオ通話。

Uber

Uberは、モバイルファーストで世間に知られている。なぜなら、スマホアプリを通じてタクシーや配車を呼ぶ新しいスタイルを確立したから。例えば、位置情報を使った配車呼び出し。

手順例

以下は、モバイルファーストのWebサイト作成手順です。

目的設定

目的設定は、最初のステップである。なぜなら、何を目的としてサイトを作るのかが明確でないと、後のステップが難しくなるから。例えば、商品販売や情報提供。

デザイン草案

デザイン草案は、次に考えるべきである。なぜなら、スマホでの見た目や操作性を最初に考慮する必要があるから。例えば、ボタンの大きさや配置。

コーディング

コーディングは、デザインが決まった後の作業である。なぜなら、デザインを実際のWebページに反映させる作業が必要だから。例えば、HTMLやCSSを使ってレイアウトを作る。

テスト

テストは、コーディングが終わった後に行う。なぜなら、実際のスマホで操作してみて問題がないか確認する必要があるから。例えば、異なるスマホ機種での動作確認。

公開

公開は、テストが完了したら最後のステップである。なぜなら、作成したサイトを世の中に公開するための最終段階だから。例えば、サーバーアップロードする。

類似語

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインは、モバイルファーストの類似語である。なぜなら、どちらもスマホやタブレットでの操作性を考慮しているから。例えば、画面サイズに応じてレイアウトが変わる。

ユーザーエクスペリエンス(UX)

ユーザーエクスペリエンス(UX)は、モバイルファーストの類似語である。なぜなら、ユーザーがどれだけ使いやすいかを考慮する点が共通しているから。例えば、使い勝手の良いインターフェース設計。

モバイルオプティマイズ

モバイルオプティマイズは、モバイルファーストの類似語である。なぜなら、スマホでの利用を前提としている点が共通しているから。例えば、高速なページ読み込み。

反対語

デスクトップファースト

デスクトップファーストは、モバイルファーストの反対語である。なぜなら、PCやデスクトップの操作を最初に考慮するから。例えば、大きな画面でのレイアウト設計。

モバイルラスト

モバイルラストは、モバイルファーストの反対語である。なぜなら、モバイル対応を後回しにするから。例えば、PC版を作ってからスマホ版を作る。

モバイル無視

モバイル無視は、モバイルファーストの反対語である。なぜなら、スマホやタブレットでの利用を全く考慮しないから。例えば、スマホで見ると崩れるレイアウト。

モバイルファーストの注意点

モバイルファーストを使用する時の注意点は、ユーザーの操作性である。なぜならば、小さい画面での操作が主になるからだ。

例えば、大きなボタンやシンプルなメニューである。そして、ページの読み込み速度も重要。だから、画像や動画は軽量化する。

モバイルファーストとレスポンシブデザインは、間違えやすいので注意しましょう。

モバイルファーストは、スマホやタブレットを最初に考慮する設計です。

一方、レスポンシブデザインは、多くのデバイスに対応する設計です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました