クロス開発とは?- 初心者でも分かるIT用語辞典

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 一度の開発で多数のプラットフォーム稼働
  • 複数プラットフォーム対応開発手法
  • 効率と節約を実現

クロス開発とは、多数のプラットフォームに一度に対応する開発手法です。

概要説明

クロス開発とは複数のプラットフォーム向けに一度の開発で製品を作る手法である。 なぜなら、一度の開発でiOSやAndroidなど、複数のプラットフォームでアプリケーションを運用できるからだ。

例えば、FlutterやReact Nativeなどのフレームワークを使用することで、クロス開発が可能になる。 そして、開発効率とコスト削減に繋がる。

つまり、多種多様なデバイス対応を迅速に実現できる手法である。 だから、開発業界では非常に重要な技術とされている。

職業職種

アプリ開発者

クロス開発は、時間とコストの節約手法である。なぜなら、一度の開発で複数のプラットフォームに対応できるからだ。例えば、FlutterやReact Nativeを使う。

プロジェクトマネージャー

クロス開発は、効率的な開発管理の手段である。なぜなら、一つのコードベースで多くのプラットフォームをカバーできるからだ。例えば、開発チームが共通のフレームワークを使用する。

製品オーナー

クロス開発は、市場投入スピードを上げる手法である。なぜなら、迅速なプロトタイピングと複数プラットフォームへの即時デプロイが可能だからだ。例えば、新製品を早く市場に投入する。

「クロス開発」の名前の由来は、一つの開発(coding)で”クロス”(交差)させる、つまり複数のプラットフォームに対応するという意味から来ています。

代表例

Google

Googleは、クロス開発のフレームワーク「Flutter」を提供している。なぜなら、効率的なアプリ開発をサポートするためだ。例えば、同一コードでiOSとAndroidのアプリを開発できる。

Facebook

Facebookは、クロス開発フレームワーク「React Native」の開発者である。なぜなら、JavaScriptとReactを用いたクロスプラットフォーム開発を可能にするためだ。例えば、Facebookのアプリ自体もReact Nativeで開発されている。

Microsoft

Microsoftは、クロス開発フレームワーク「Xamarin」を提供している。なぜなら、.NETとC#を用いてiOS、Android、Windows向けのアプリを一度に開発できるからだ。例えば、一つの技術スタックで多くのプラットフォームに対応するアプリ開発を支援している。

手順例

開発環境の設定

開発環境の設定は、最初のステップである。なぜなら、開発を始める前に必要なツールやライブラリがインストールされ、設定されていることを確認する必要があるからだ。例えば、クロスコンパイラデバッガなど。

プラットフォームの選択

ターゲットプラットフォームの選択は、次のステップである。なぜなら、クロス開発は異なるプラットフォーム向けのコードを開発するため、開発を始める前にターゲットとするプラットフォームを明確にする必要があるからだ。例えば、Linux、Windows、Macなど。

コードの作成

コードの作成は、その次のステップである。なぜなら、開発環境とターゲットプラットフォームが設定されたら、その次のステップはアプリケーションのコードを書くことだからだ。例えば、C++やPythonなどのプログラミング言語を用いる。

コードのテスト

コードのテストは、次に重要なステップである。なぜなら、書かれたコードが期待通りに動作するかどうかを確認するため、テストは必要不可欠だからだ。例えば、ユニットテストや統合テストなど。

デバッグと最適化

デバッグと最適化は、最後のステップである。なぜなら、テストによって問題が見つかった場合、それらを解決し、パフォーマンスを最適化する必要があるからだ。例えば、デバッグツールを使用したバグの追跡や、パフォーマンス分析ツールを使用した最適化など。

類似語

マルチプラットフォーム開発

マルチプラットフォーム開発は、クロス開発の類似語である。なぜなら、両方とも複数のプラットフォーム向けにソフトウェアを開発することを指すからだ。例えば、WindowsとMacの両方向けのソフトウェア開発。

クロスコンパイル

クロスコンパイルは、クロス開発の一部とも言える。なぜなら、一つのプラットフォーム上で別のプラットフォーム向けのコードをコンパイルするプロセスを指すからだ。例えば、Linux上でWindows向けのアプリケーションをコンパイルすること。

ハイブリッド開発

ハイブリッド開発は、クロス開発の一種である。なぜなら、一つのコードベースから複数のプラットフォーム向けのアプリケーションを生成する方法を指すからだ。例えば、React NativeやFlutterを用いたモバイルアプリケーション開発。

反対語

ネイティブ開発

ネイティブ開発は、クロス開発の反対語である。なぜなら、ネイティブ開発は特定のプラットフォーム向けのアプリケーションの開発を指すからだ。例えば、iOS向けのObjective-CやSwiftでの開発。

プラットフォーム専用開発

プラットフォーム専用開発もクロス開発の反対語である。なぜなら、これは一つのプラットフォームに特化した開発を指すからだ。例えば、Android向けのJavaやKotlinでの開発。

単一プラットフォーム開発

単一プラットフォーム開発は、クロス開発の反対語である。なぜなら、単一のプラットフォームのためだけに開発を行うからだ。例えば、Windows専用のアプリケーション開発。

会話例

プロジェクトの初期段階で、開発戦略を決定する会議

Q.「我々のアプリはiOSとAndroidの両方で動くようにしたいです。そのための最良の方法は何でしょうか?」
A.「それはクロス開発の戦略が適切でしょう。これにより、一つのコードベースで複数のプラットフォーム向けのアプリケーションを作成することができます。」

コーディング中、新人開発者が質問

Q.「なぜ私たちはこのコードをLinuxマシンで書いて、Windowsマシンでテストしているんですか?」
A.「私たちはクロス開発を行っているからです。この方法を用いると、一つのシステムで異なるプラットフォーム向けのコードを作成できます。」

プロジェクトのレビューで、マネージャーが質問

Q.「なぜこのアプリのパフォーマンスがiOSとAndroidで異なるのですか?」
A.「我々がクロス開発を行っているため、一部のコードが特定のプラットフォームでより効率的に動作するかもしれません。これは最適化の一環として調整することが可能です。」

注意点

クロス開発を使用する時の注意点はパフォーマンスの問題である。 なぜならば、一部のクロス開発ツールやフレームワークでは、生成されるコードがネイティブコードよりも劣る可能性があるからだ。

例えば、React NativeやFlutterで開発したアプリケーションが、ネイティブ開発されたアプリケーションに比べてパフォーマンスが低いことがある。

そして、この問題は特に大規模なアプリケーションやリソース集約型のアプリケーションで顕著になる可能性がある。 だから、クロス開発を行う際には、パフォーマンスへの影響を常に考慮に入れる必要がある。

クロス開発とハイブリッド開発の違いは、クロス開発は一つの開発環境で異なるプラットフォーム向けのコードを書くことで、ハイブリッド開発は一つのコードベースから複数のプラットフォーム向けのアプリケーションを生成することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました