セキュア通信について学ぼう!基本知識と活用方法

ざっくりと

  • 通信を暗号化し安全に
  • httpsのURL指すことも
  • SSL通信は完全ではない

セキュア通信とは、通信の暗号化により安全を保つことです。

概要説明

セキュア通信とは、通信を暗号化して情報を外部から盗まれないようにすることである。 なぜならば、個人情報やビジネスの秘密情報など、盗まれたくない情報が通信中に盗まれることを防ぐからだ。

例えば、インターネットでのクレジットカード情報のやり取りなどがある。そして、セキュア通信はhttpsのURLを指す場合もある。つまり、安全な通信手段として必要とされている。

だから、情報を安全にやり取りしたい全ての人にとって重要な存在である。

職業職種

  1. Web開発者
    Web開発者は、セキュア通信を頻繁に使用する。なぜなら、ユーザーの情報を安全に保護するために必要な技術だからだ。例えば、オンラインショッピングサイトの開発。
  2. ITマネージャー
    ITマネージャーは、セキュア通信を活用する。なぜなら、企業のデータを安全に送受信するためだ。例えば、企業内の重要なメールの送受信。
  3. ネットワークエンジニア
    ネットワークエンジニアは、セキュア通信を実装し管理する。なぜなら、ネットワーク上の通信を安全に保つためだ。例えば、企業ネットワークのセキュリティ設定。

セキュア通信は、名前の由来は英語の”Secure”(安全な)と通信の組み合わせからきています。

類似語

  • 暗号化
    暗号化は、セキュア通信の一部である。なぜなら、情報を理解できない形に変えて、外部からの不正アクセスを防ぐからだ。例えば、信頼できないネットワークを通じてパスワードを送るとき、暗号化を使うと安全に送れる。
  • HTTPS
    HTTPSは、セキュア通信の一種である。なぜなら、HTTP通信をSSLやTLSで暗号化することにより、通信内容の秘密性と完全性を保つからだ。例えば、ウェブブラウザのアドレスバーで「https」を見ると、そのサイトとの通信が暗号化されていることを知ることができる。
  • SSL通信
    SSL通信は、セキュア通信ではあるが完全なものではない。なぜなら、通信内容の安全は保障されるが、通信相手を確認することができないからだ。例えば、認証機関による証明書を使わない場合、偽のサイトと通信するリスクがある。

反対語

  • 不安全な通信
    不安全な通信は、セキュア通信の反対である。なぜなら、情報が暗号化されずに送受信され、外部から情報を盗まれる可能性があるからだ。例えば、パスワードを平文で送信する行為は、不安全な通信と言える。
  • HTTP通信
    HTTP通信は、セキュア通信の反対である。なぜなら、この通信は暗号化されず、第三者によって情報を見られる可能性があるからだ。例えば、ウェブブラウザでHTTPのサイトを訪れると、情報が保護されない。
  • 公開通信
    公開通信は、セキュア通信の反対である。なぜなら、この通信は誰でも情報を見ることができ、プライバシー保護がなされないからだ。例えば、SNSで公開投稿を行うのが、公開通信になる。

会話例

  1. 友達とのインターネットの話
    Q.「このサイト、安全に使えるの?」
    A.「大丈夫だよ、見てごらん、URLが”https”から始まっているでしょ?これがセキュア通信ってやつで、情報がしっかり暗号化されているから安全なんだよ。」
  2. 親とのネットショッピングの話
    Q.「このネットショップ、クレジットカードの情報を盗まれないの?」
    A.「大丈夫だよ、このショップはセキュア通信を使っているから。だから、私たちの情報は安全に送られるんだよ。」
  3. 先生との情報教育の話
    Q.「先生、セキュア通信って何ですか?」
    A.「いい質問だね。セキュア通信は、インターネット上で情報を安全に送受信するための方法だよ。暗号化されているから、他の人に情報が盗まれる心配がないんだ。」

注意点

セキュア通信を使用する時の注意点は相手の確認である。なぜならば、セキュア通信は情報の暗号化を保証するものの、必ずしも通信相手が本当に信頼できる相手かは保証しないからだ。

例えば、フィッシングサイトである。そして、このような場合、個人情報を盗まれる可能性がある。だから、セキュア通信でも通信先をしっかりと確認することが大切。

セキュア通信と暗号化の違いは、間違えやすいので注意しましょう。

セキュア通信は情報の送受信全体を安全に保つことです。

一方、暗号化は情報自体を他人が読めない形に変えることです。

記事を書いてる人

ガラケー時代からWEB開発やってる自宅SE です。

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

ネット事件簿チャンネルを運営しているので、YouTubeもぜひ覗いてみてください!!

雨おやじのSNSを覗く!!
IT用語辞典
雨おやじのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント