クロスブラウザとは?統一感のあるウェブ体験へ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 異なるブラウザでも同じ体験
  • ウェブサイトの見た目と機能を統一
  • ユーザビリティを高める技術

クロスブラウザとは各種ブラウザで同じ体験を提供する技術です。

概要説明

クロスブラウザとは、異なるウェブブラウザでも同じ体験を提供する技術である。なぜならば、ウェブサイトの見た目と機能を各ブラウザ間で統一するからだ。

例えば、ChromeとFirefoxで同じウェブサイトを開くと、見た目や機能が一致する。そして、これによりユーザビリティが高まる。

つまり、ユーザーは自分の好きなブラウザを選び、そのどれでも一貫した体験を得られる。だから、ウェブ開発者はクロスブラウザの技術を活用することが重要なのだ。

職業職種

ウェブ開発者

ウェブ開発者は、クロスブラウザを利用する。なぜなら、異なるブラウザでも一貫した体験をユーザに提供できるからだ。例えば、ChromeとFirefoxで同じウェブサイトの見た目と機能を保証できる。

デザイナー

デザイナーは、クロスブラウザを意識する。なぜなら、デザインが各ブラウザで一貫して表示されるようにするからだ。例えば、画像の解像度や色の表現が異なるブラウザでも同じになる。

ユーザ

ユーザは、クロスブラウザを体験する。なぜなら、お気に入りのブラウザでウェブサイトを一貫して利用できるからだ。例えば、SafariとEdgeで同じウェブサイトを閲覧しても違和感がない。

クロスブラウザは、名前の由来は”Cross”と”Browser”の組み合わせからです。これは、異なる”ブラウザ”間で”クロス”(交差)する一貫性を意味します。

代表例

Google

Googleは、クロスブラウザ対応のブラウザ”Chrome”を提供している。なぜなら、多様なデバイスで一貫したウェブ体験を提供するためだ。例えば、PCとスマホで同じ表示を確保している。

Microsoft

Microsoftは、”Edge”でクロスブラウザ対応を実現している。なぜなら、異なるデバイスでの一貫したウェブ体験を提供するためだ。例えば、WindowsとiOSで同じウェブサイトが使える。

Mozilla

Mozillaは、”Firefox”というクロスブラウザ対応ブラウザを提供している。なぜなら、各種プラットフォームで一貫したウェブ体験を提供するためだ。例えば、MacとAndroidでも同じウェブサイトの見た目と機能を保証している。

手順例

種類を調べる

ブラウザの種類を調べる。なぜなら、ブラウザによって見え方が変わるからだ。例えばInternet ExplorerとChrome。

コードを書く

HTMLとCSSのコードを書く。なぜなら、これがウェブページの土台になるからだ。例えば、色やレイアウトを設定する。

コードの確認

コードが正しいか確認する。なぜなら、エラーがあるとページが正しく表示されないからだ。例えば文法チェックツールを使う。

表示を確認

異なるブラウザで表示を確認する。なぜなら、それぞれのブラウザで表示が正しいかをチェックするからだ。例えばFirefoxやSafariでチェック。

修正する

問題があれば修正する。なぜなら、全てのユーザーが正しくページを見るためだ。例えば、表示が崩れる部分を修正する。

類似語

クロスプラットフォーム

クロスプラットフォームは、異なるOSで動くこと。なぜなら、ブラウザと同様にOSもユーザー間で異なるからだ。例えばWindowsとMacで同じアプリを動かす。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインは、異なるデバイスサイズに対応すること。なぜなら、ユーザーがPCだけでなくスマホやタブレットも使うからだ。例えばスマホとタブレットで同じページを見る。

ユビキタスコンピューティング

ユビキタスコンピューティングは、あらゆる場所で情報を取り扱うこと。なぜなら、情報アクセスはブラウザだけでなく色々な場面で行われるからだ。例えば家でも外でも情報を見る。

反対語

特定ブラウザ専用

特定ブラウザ専用は、一つのブラウザだけで動くこと。なぜなら、クロスブラウザとは逆に複数ブラウザ対応がないからだ。例えばInternet Explorer専用のページ。

非互換

非互換は、あるシステムや機器が他と共通性を持たないこと。なぜなら、クロスブラウザとは逆に標準とは異なる特殊な方法で動くからだ。例えば特定のプラグインを要求するページ。

閉鎖的

閉鎖的は、情報やサービスへのアクセスを制限すること。なぜなら、クロスブラウザとは逆に全てのユーザーが平等にアクセスできないからだ。例えば会員限定のサービス。

会話例

友達との会話

Q.「新しく作ったウェブページ、見てみてくれる?」
A.「いいよ。でもクロスブラウザ対応にしてる?」

デザイナーとの会話

Q.「このデザイン、どのブラウザでも大丈夫?」
A.「心配ないよ、クロスブラウザで確認してるから。」

クライアントとの会話

Q.「ウェブサイトのアクセス数が落ちてるんだけど、何か問題ある?」
A.「可能性としては、クロスブラウザ対応が完全でないかもしれません。調査します。」

注意点

クロスブラウザをする時の注意点は時間と手間である。 なぜならば多くのブラウザでテストをしなければならないからだ。 例えば最新版だけでなく古いバージョンのブラウザもチェックする。

そして、ブラウザごとに微妙に違うレンダリングやJSの動作も考慮する必要がある。 だから、完全なクロスブラウザ対応は難しいと言える。

クロスブラウザとクロスプラットフォームの違いは、クロスブラウザは異なるブラウザ間での互換性を確保することで、クロスプラットフォームは異なるオペレーティングシステムで同じアプリケーションが動くことを指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました