Softwere deploymentとは?プロジェクトローンチするために

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • プログラムを動くようにする
  • デプロイとも呼ぶ
  • デプロイの範囲は広い

Softwere deploymentは、作ったプログラムを動く環境に配置することです。

概要説明

Softwere deployment(ソフトウェアデプロイ)とはプログラムを使えるようにする作業である。なぜなら、システムが設計から開発まで完了したら、それを実際に動かす必要があるから。そのために、作成されたソフトウェアを特定の環境(開発、テスト、本番など)に配置する。

ただし特定の作業を指すわけではなく、プログラムを使用可能にする行為に広範囲に使われる。

職業職種

ソフトウェア開発者

Softwere deploymentは、日々の作業の一部である。なぜなら、開発したシステムをユーザーが使える状態にするため。

プロジェクトマネージャー

Softwere deploymentは、大型プロジェクトの成功の鍵である。なぜなら、制作物を公開する最終ステップだから。

ITコンサルタント

Softwere deploymentは、クライアントのビジネスを助ける一環である。なぜなら、効率的なシステム運用にはこの作業が欠かせないから。

“Deployment”は、「配備、配置」の意味があります。

現場では「デプロイ」と呼ばれる方が多いです。

類似語

プロジェクトローンチ

プロジェクトローンチは、大規模なリリースの一部である。なぜなら、プロジェクトの完成形を公にするステップだから。例えば新しいウェブサイトの公開や新製品の発表など。

リリース

リリースは、製品を一般に公開する作業である。なぜなら、設計・開発が完了したソフトウェアをユーザーが使える状態にするのが目的だから。例えばアプリのアップデートやソフトウェアの新バージョン公開など。

バージョン管理

バージョン管理は、変更履歴を追跡・管理する作業である。なぜなら、ソフトウェアが進化・変更する過程を明確にするためだから。例えば古いバージョンへのロールバックやバグの原因を特定するためなど。

反対語

ソフトウェア解体

ソフトウェア解体は、ソフトウェアデプロイメントの反対である。なぜなら、ソフトウェアの使用を停止し、その要素を解体する行為だから。例えば、サービスの終了やアプリのアンインストールなど。

バグの発生

バグの発生は、ソフトウェアデプロイメントの反対と言える。なぜなら、バグはソフトウェアの正常な動作を妨げ、使用不能にする可能性があるから。例えば、新たなアップデートでバグが生じる場合など。

設計フェーズ

設計フェーズは、ソフトウェアデプロイメントの反対である。なぜなら、設計フェーズはソフトウェアがまだ開発中で、ユーザーが使える状態にない時期だから。例えば、新たな機能やアプリの初期構築段階など。

会話例

新製品の発表会で

「新しいソフトウェアはいつデプロイされるの?」
「来月初めにデプロイ予定だよ。その時にはみんなが使えるようになるんだ。」

開発チームのミーティングで

「このアップデートをデプロイするにはどれくらい時間がかかるの?」
「バージョン管理を含めて、約二週間を見ているよ。」

友人とのカジュアルな会話で

「その新しいゲーム、もうデプロイされた?」
「うん、昨日デプロイされたよ。もう試してみた?」

使用例

Webサイト

例えば、新しく作成したウェブサイトのHTML、CSS、JavaScriptのコードをウェブサーバーアップロードして公開する行為をデプロイという。これにより、インターネット上のどこからでもそのウェブサイトにアクセスできるようになる。

モバイルアプリ

iOSやAndroidなどのモバイルアプリを開発した後、それをApp StoreやGoogle Play Storeにアップロードして公開する行為もデプロイという。これにより、ユーザーはそのアプリを自分のデバイスにダウンロードして使用できる。

ソフトウェアの更新

デプロイは新規にソフトウェアをリリースするだけでなく、既存のソフトウェアのバージョンアップやバグ修正を行ったときにも行われる。例えば、MicrosoftがWindowsの新しいアップデートをリリースするとき、そのアップデートは全世界のWindowsユーザーにデプロイされる。

これらの例からも分かるように、デプロイとは特定の環境に配置して利用可能にする行為を指す。そして、特定の作業ではなく広範囲に使われる。

デプロイとリリースは似ているが違います。

デプロイは、作成されたプログラムを特定の環境(開発、テスト、本番など)に配置する行為です。

一方、リリースは一般に公開することを意味します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました