EFOとは?より効果的なウェブサイトを作るため

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとEFO

  • ウェブサイトのエントリーフォーム最適化
  • SEOの効果を最大化
  • ユーザー体験の向上

EFO = Entry Form Optimization

EFOはエントリーフォームを最適化することです。

EFOとは

EFOとはエントリーフォーム最適化のことである。 なぜならば、ユーザーがウェブサイトに情報を入力する際の体験を改善するためだ。

例えば、問い合わせフォームやアンケート、購入フォームなどがそれに当たる。 そして、これらの最適化によりユーザーはサイト利用のストレスを軽減する。

つまり、ユーザーの満足度が向上し、サイトの離脱率を減らすことができる。 

使用する職種

ウェブデザイナー

EFOは、ウェブデザインにおける必要な手法である。なぜなら、ユーザー体験の改善とSEOの効果最大化に繋がるからだ。例えば、フォームのUI/UXを改善したり、必要な情報を適切に取得できるように設計する。

マーケター

EFOは、デジタルマーケティングの一部である。なぜなら、ユーザーの情報収集と満足度向上によりリード獲得やコンバージョン率を上げることができるからだ。例えば、購入フォームの改善により購買体験が向上し、売上に直結する。

SEOエキスパート

EFOは、SEO戦略の一部である。なぜなら、ユーザー体験の向上は検索エンジンからの評価向上につながるからだ。例えば、サイトの離脱率を下げ、滞在時間を伸ばすことで検索順位が上がる可能性がある。

全角でしか入力できないフォームは最悪です。

有名な企業や製品、サービス

Amazon

Amazonは、EFOを活用した企業である。なぜなら、製品検索やレビューの表示等、ユーザーが目的の製品を効率良く見つけることができるよう、ユーザビリティに配慮した設計が行われているからだ。例えば、”You might also like”や”Customers also bought”といった推薦機能など。

Google

Googleは、EFOの大切さを伝えるサービスである。なぜなら、Googleの検索エンジンは、ユーザビリティの高いウェブサイトを評価し、検索結果に反映するからだ。例えば、ウェブサイトの使いやすさ、情報のアクセシビリティなど、EFOが重視される。

Steve Krug

Steve Krugは、EFOの重要性を伝える人物である。なぜなら、彼の著書 “Don’t Make Me Think” で、ウェブサイトやアプリケーションの使いやすさについての考え方や設計方法を広め、EFOの考え方に影響を与えたからだ。例えば、彼はウェブサイトが直感的に理解できるべきだと主張している。

大まかな手順

  1. ①ユーザーニーズの理解
    まず、ユーザーがウェブサイトで何を求めているのか、何に困っているのかを理解する。なぜなら、それがウェブサイト改善の方向性を示すからだ。例えば、アンケート調査やユーザーインタビューを実施する。

  2. ②ウェブサイトの評価
    次に、現状のウェブサイトがユーザーのニーズを満たしているか、どの部分が問題となっているかを評価する。なぜなら、改善点を具体的に把握するためだ。例えば、ユーザビリティテストやアクセス解析を行う。

  3. ③改善案の作成
    評価の結果を元に、ユーザビリティを高めるための改善案を作成する。なぜなら、具体的な行動計画を立てるためだ。例えば、情報の見せ方を変えたり、サイト内のナビゲーションを改善したりする。

  4. ④改善案の実行と検証
    作成した改善案を実行し、その効果を検証する。なぜなら、改善が正しく行われているか、目的が達成されているかを確認するためだ。例えば、A/Bテストや再度のユーザビリティテストを行う。

  5. ⑤改善のサイクル
    手順①から④を繰り返し、ウェブサイトの改善を続ける。なぜなら、ユーザーのニーズは変わり続け、ウェブサイトもそれに合わせて進化し続けるべきだからだ。例えば、定期的なユーザー調査やテストを行い、新たなニーズに対応する。

類似語

ユーザビリティ (Usability)

ユーザビリティは、EFOと同義である。なぜなら、どちらもウェブサイトやアプリケーションがユーザーにとって使いやすく、効果的な設計がされていることを意味するからだ。例えば、使いやすいナビゲーションや分かりやすいコンテンツなどがある。

ユーザーエクスペリエンス (UX)

ユーザーエクスペリエンスは、EFOと関連性が深い言葉である。なぜなら、UXはユーザーが製品やサービスを使って得る経験全体を指し、その一部としてウェブサイトやアプリの使いやすさ(=EFO)が含まれるからだ。例えば、サイトの使いやすさだけでなく、その製品やサービス自体の品質や価値も含まれる。

コンバージョン率最適化 (CRO)

コンバージョン率最適化は、EFOと同じ目的を持つ概念である。なぜなら、CROもまたウェブサイトの使いやすさや効率性を向上させることで、ユーザーが目標とする行動(購入、問い合わせ、ダウンロードなど)に至る確率を高めることを目指しているからだ。例えば、ユーザーが目標を達成しやすいように、ウェブサイトのデザインやコンテンツ、ナビゲーション等を最適化する活動が含まれる。

反対語

ユーザー中心設計 (UCD)

ユーザー中心設計は、EFOの対義語であると言える。なぜなら、UCDはユーザーの視点とニーズを中心に製品を設計する考え方であり、EFOとは逆に、組織の利益よりもユーザーの利益を優先するからだ。例えば、ユーザーが求める機能や使いやすさを追求する設計が行われる。

エンジニアリングフォーカス (EFO)

エンジニアリングフォーカスもまた、EFOの対義語と言える。なぜなら、こちらは技術や機能性を優先する考え方で、ユーザビリティや使いやすさよりも製品やサービスの技術的な完成度を追求するからだ。例えば、機能が多いが使い方が複雑なソフトウェアなどが該当する。

プロダクトドリブン (Product Driven)

プロダクトドリブンもEFOの反対語である。なぜなら、プロダクトドリブンは製品の特性や性能を優先し、市場の反応やユーザーのニーズを二の次に考える傾向があるからだ。例えば、自社の製品性能を強調するが、それがユーザーにとって本当に必要なのか、使いやすいのかを考慮しない場合など。

会話の例文

オンラインショッピング中

Q.「このサイト、何か使いづらい気がするんだけど…」
A.「それ、EFOが考慮されてないからかもね。ユーザーの使いやすさを最優先に考えたウェブサイト設計のことをEFOって言うの。」

ウェブサイト制作の打ち合わせで

Q.「このウェブサイト、どうすればユーザーに使いやすく感じてもらえる?」
A.「そのためにはEFOを意識するといいよ。それはユーザーが目的の情報を簡単に見つけられ、なおかつ使いやすいサイトを作ることを指すんだ。」

デザイン学校の講義中

Q.「ウェブサイトのデザインで一番大切なことは何ですか?」
A.「その中でも特に重要なのはEFO、つまりユーザーの目的達成を助ける設計だよ。使いやすさや情報の伝え方を工夫することで、ユーザーの満足度を高めることができます。」

使用時の注意点

EFOを使用する時の注意点は、全てのユーザーが同じ目的や動線を持っているわけではないという点である。なぜならば、ウェブサイトを訪れるユーザーは各々異なる目的や情報ニーズを持っているからだ。

例えば、一部のユーザーは商品の購入を目的にしているかもしれないが、一方で他のユーザーはただ情報を得たいだけかもしれない。

そして、そのようなユーザーの多様性を理解し、幅広いニーズに対応できる設計を心がけることがEFOの成功につながる。

EFO次第でCVRが大きく変わってくるので重要です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました